日本でのED治療事情

 

性に関することを公で話し合うことがタブー視されている文化がある日本ではまだあまり報道されてはいませんが、世界規模でみても勃起不全患者数は年々増加しています。ED治療薬はアメリカほど日本では普及しておらず、手に入れる方法も限られています。病院に行って医師にED治療薬を処方してもらうか、個人輸入で海外から取り寄せるかしか現状では方法がありません。

 

日本でED治療薬を服用して、その効果を知っている人はまだまだ少ないと言えるのです。
日本でもEDの問題はクローズアップされつつあります。その時にED治療薬の効果や効能など医薬品に対する知識がない人は、個人輸入をせずに、病院で医師にED治療薬を処方してもらう方が安全です。

 

なぜなら、ED治療薬の効果には副作用が起こることがあるからです。それはすべての人に起こる可能性があるものです。体質や間違った服用方法を行ってしまうと大きな副作用が起こることもあり、最悪の場合は命に危険があります。

 

勃起不全という病気の広がりとED治療薬のもたらす効果が、多くの人々の性生活を向上すればいいのですが有益ですが、日本ではED治療薬のイメージは「使用していることをオープンにするものではない」といった考え方が大半を占めているようです。


このページの先頭へ戻る